手術室(オペ室)看護師は待遇が違う?

オペ室勤務の看護師は、他の看護師と比較すると待遇は違うのでしょうか。基本的には、病棟や外来で働く看護師と、そこまで大きく変わらないというのが現状のようです。
公益社団法人 京都府看護協会

若干、給料が上がることはありますが、オペ室勤務の看護師の場合、オンコール手当てが付くことで給料が変わってくるといえます。オンコール手当てとは、ようするに、いつオペがあってもすぐに駆けつけることができるように、待機している状態のことを指します。

勤務先によって、週2回というようにオンコール制度が導入されており、このオンコール手当に加えて、手術室まで行った分の手当てが支給される仕組みとなっているのです。

ただし、大学病院や総合病院などでは、オンコール体制ではなく、交代制となっていることが多いため、給与体系はまた変わってきますが、一般病棟などで働く看護師と比較して、大きく変わるわけではないといえます。

それ以外の待遇については、病院ごとに分かれてきますが、一部の病院では特別手当が付いたり、寮などに優先して入ることができるという待遇が付いていることもあるようです。

このようにみていくと、オペ室で勤務する看護師の待遇は、特別恵まれているわけではありませんが、そもそも待遇だけが目当てで、オペ室勤務を希望しているわけではないといえます。

では、なぜオペ室での勤務を希望する人がいるのかというと、貴重な経験を積むことができるからです。外来や病棟勤務では得ることができない知識をはじめ、今後キャリアを積んでいくために必須となる経験を得ることができるため、師長などを目指す人ほどオペ室での勤務を希望するようです。
http://www.xn--2-ieu1amw9i7j0cb7686imgrc9vxa5w5ab9j.com/index-8.html

ちなみに、オペ室での勤務といっても、診療科によって使用する器具も違えば、必要となる知識も全く異なります。また、適切な行動や判断を下せるようになるには、現場経験を多く積まなければなりません。

以上のことから、手術室での勤務を希望する看護師の待遇は、飛びぬけて良いとはいえず、それよりも、現場で働くことによって身につけることができる、経験や知識を優先している人が多いことが分かります。